今回は、「中学受験歳時記機廖秕6編>です。これまで全国からいただいたご質問、ご相談を時系列でピックアップしました。個別にお答えした内容については、ケースごとに背景が異なるために割愛しました。



コメント・トラックバックフリーです!清き一票、よろしくお願いします人気blogランキングへ



 さっそく、2月からスタートです。



中学受験生としての“自覚”と戦う―小6<2月・3月・4月>



*新6年のカリキュラムになってから生活のペースがつかめない。算数だけで精一杯。土日もゆっくりできないため、平日に疲れがたまり、勉強がはかどらない。反抗期のため(→第2章トラブルシューティングへ)、口答えも多く、ケンカが多く困っている。早くこの状態から抜け出したい。


*大手塾に通いつつ、家庭では親が勉強を教えている。家庭学習の効率が悪く、夜までかかるので、塾の授業では集中力が落ちてしまう悪循環に陥っている。


*月例テストでは良い成績だか、総合テストだと悪い。親が付きっきりで勉強をみると、あっという間に成績が上がる。でも、本人に任せるとぐっと下がる、という繰り返し。下に子供が2人いるため、付きっきりで教えられない。どのようなプログラムを組むべきか。


*課題のプレッシャーからか、だるさ、頭痛、腹痛を訴え、極端に集中力も低下している。


*クラスが上がり、内容が難しくなったらめ点数がとれず、やる気が低下している。


*算数の基本はマスターしているが、応用ができない。基本についても、計算ミス、問題の読み違い、写し間違い、勘違いなどのイージーミスが多い。どこの家庭でもあるように、つい子供に口を出しお互い感情的になってしまう。


*5年冬から大手に通う。基本ができていないので、授業についていけない。


*6年生になり、成績が急降下。志望校を諦めざるを得ない。


*夢は大きいのですが、要領のよい勉強方法が見つからず、まだ基礎的な知識も身についていない。



入試レベルを肌身で感じる―小6<5月・6月・7月>



授業内容が理解できないところがでてきた。宿題も応用部分が自力で解けない。宿題をやるのに時間がかかりすぎて余裕がない。


だんだん難しくなってきて、算数の成績が伸び悩んでいる。


*親が分担して、平日の夜や休日に教えているが、塾の復習ですら満足にこなすことができず、苦手な項目が増える一方。みんなができるような計算問題も単純なミスで落とすことも少なくない。家ではちゃんと途中の式や線分図など書いて解けたと思っても、テストのときは出題内容がちょっとひねられると分からなくなる状態。


*もともと良くなかった算数の成績がさらに落ちた。


*4,5月、子供が急に勉強をやらなくなった。親としても悩み中。


*4月以降、勉強をほとんど真剣にやっていない。自信もなくなっている様子。


*本人はやる気があり頑張っているが、思うように成績が伸びない。月例テストは良くても、総合テストになると下がる。


*家庭学習での弱点の克服が出来ていない。学習内容が難しく、親が上手に教えることが困難。また、本人のやる気を引き出すことにも苦慮。効率的な学習方法はないか。


*宿題、課題をこなすのが精一杯だが、早く慣れてくれればと思っている。


宿題を土・日にためてしまうと、終わらなくて大変なことになるということに気付き始めた。


*テキストの問題を順番に解いているだけでなく、今必要な力をつけるために、何が必要なのかを考えて取り組んでもらいたい。


*子供の能力とこなさなければならないことがレベル的に異なっているように思う。受験までに間に合うか。


*小4秋から通塾しているが、偏差値が志望校に届かず、親子ともども悩んでいる。


*成績が安定しない。全教科をまわしていると、まるでいたちこっごのよう。出来ないところの要点を教えると、そのときはすぐできるようになるが、しばらくすると忘れてしまう。


*せっかく授業を受けても、次のテストへの目標や、自分のやるべき課題を見出している様子がない。せっかく習ったことを翌日からの自宅学習に活かしている様子がない。



天王山の前後で明暗を分けた―小6<8月・9月・10月>



*3、4年のときは算数が好きだったが、今はあまり好きでない様子。6年になってから成績がさがった。算数・国語の理解力が中途半端なようで、時間が経つと問題が解けなくなっている。受験まで数ヶ月なので、間に合うかどうか不安。


*4年から大手でずっと下位クラス。定着しないまま先に進んでしまい、今に至っている。応用はもちろん、計算ミスも多く、解き方もはっきり理解できていない。


*夏期講習に入り、課題が多く、その日一日の復習をするのに手一杯という状況。思ったより進み具合が良くなく、焦る一方。あまりにも次から次へとこなすことが多く、1つ1つじっくり取り組む状況にないのが心配。


*夏期講習に入り、意欲はあるが、優先順位のつけかたがイマイチ。


*一目みて、分からない問題にあたったとき、もう少しいろいろな角度から考えて解こうという気持ちになってほしい。


*うちの子は褒められて伸びるタイプ。志望校に入るのに今のままではムリだ、とは言わないでほしい。


*夏休み中は本人なりの自覚をもって学習に取り組んだが、終わってみると、まだまだあれもしたかったのに、ということが残った。


*1学期の後半、忙しさや疲れでガクンと落ちた。夏休みは頑張った。2学期の運動会、文化祭、学期末の忙しいときにまた成績が落ち込まないか心配。


*やればやるほど、ここも、あそこも、という気持ちになってしまい、気持ちが落ち着かない(親のみ)。


*通塾の日数が増えて、体調を崩すことが多くなった。自宅学習に切り替えたが、ついダラダラしてしまう。


*得意だと思っていた算数の成績が、ここ2〜3ヶ月でかなり落ち込んだことで精神的に行き詰っている。絶対に解けるはずの一行問題も落とす。


*小4から大手に通っているが、低迷。ストレスがたまっているようなので「受験をやめてもいいんだよ」と言っても、辞める気はまったくない様子。転塾もリスクが大きい。


*夏休みに伸びなかった。やることが多すぎてアップアップ状態。今何をやればいいか分からない


*勉強はしているが、テストとなるとまったくできない。子供はどんどん自信をなくしてしまっている。塾やめようか。


*算数の応用問題が解けず、自力では過去問が解けない。少しのアドバイスがあると解ける。


*分かる問題も増えてきて、正解だとうれしい、という気持ちが育ってきた。しかし、せっかく理解しても、少し時間が空くと、すっかり忘れてしまうことがある。


*今は体力的に厳しいのが一番のネック。志望校を下げることを検討中。


*文章題になると、読んだ瞬間に思考が止まってしまう。考えよう、思い出そう、という姿勢を身につけるにはどうすればいいか。


*今の先生、子供に対する接し方、言葉遣いや、疑問に対しての答え方等々、自分をきちんと認めてくれているという安心感が強くある。前の先生は怖かった。


*山田の補足です。「基本力は身についていますが、応用の力が足りないですね」なんて他人事のように話す先生に対して、「少しムカ!」とくることがあります。この時期はとても多い話です。「どこが伸びない原因か分かってんのかしら」「うちが受験したい学校の対策のことは考えてくれているんでしょうか」「あと3ヶ月しかないのに間に合うかしら」というように、塾の先生とご家庭との間でどうもギクシャクしちゃうんですよね。より突っ込んだ話し合いが必要です。



失敗が失敗を呼び悪いことが重なる―小6<11月・12月・1月>



*春には偏差値60あったものが50まで下がった。志望校へのチャレンジは可能か?


*11月から2科に切り替えたが、算数が伸びない。


*一つでも分からない問題にあたると「自信がない」と言い、机の前で放心状態になる。模試の結果も悪く、前向きな気持ちが失せている。気持ちの建て直しに苦慮している。


*親の塾選びの失敗と本人の努力不足・能力不足でどうしたらよいかわからない。


*冬期講習に通うことで、時間的に余裕がなくなり、どう対応しつつ、本人に必要なものをやってよいのかがつかめない。



その他


*今のクラスレベルでは志望校合格がムリなので、効率よく勉強したい。


*学校レベルはできるが、本格的な中学受験の勉強はしていない。間に合うか。


*塾に入った時期が遅い、欠席しがち、苦手分野を放置した、などの理由で基礎ができていない。


*今の塾では志望校に必要のない難しい問題をやらされている。


*塾の拘束時間が長く、帰宅時間が遅いため、自宅学習の時間がとれず、せっかく習ったことが定着しない。


*積極的に質問できず、よく理解しないまま単元がすすんでしまう。


*他の塾に移りたいが、進度が合わず困っている。



 小6生をお持ちの方には思い当たる節が多くあったと思います。現在、小学5年生をお持ちのご家庭は、先輩たちが、いつ、どのようにして、困難に立ち向かったのかを知っておくと、心に余裕が生まれると思います。



 明日は「中学受験歳時記」(小5編)に続きます。



 いつも本当にありがとうございます。皆様の1クリックで今日も1日延命できます。→人気blogランキングへ
お知り合いに勧めていただければうれしいです

スポンサードリンク