今日もみなさんお疲れ様です。今日から、受験対策の方法について考えていこうと思います。切り口については、欲求度と必要度という簡単なセグメントなんですが、教師にとっては市場のニーズを知り、保護者にとっては適切な舵取りができるように工夫しました。過熱する受験競争に惑わされず、しかも、長期的で安定的な視野に立った指導という視点をご一緒できればと思っています。



  コメント・トラックバックフリーです!清き一票、よろしくお願いします(現在61位くらいです)人気blogランキングへ 


  幸せ受験塾の総目次はコチラ


My Yahoo!に追加
このボタンをクリックすると、あなたのMy Yahoo!に追加され最新の記事を読むことが出来ます。
──────────────────────────────────────

■□■  塾選びのセグメント  ■□■

──────────────────────────────────────



  小中学生を持つご家庭の塾選びや受験対策の基準は、欲求と必要性で決定されます。家庭も教師(教諭・家庭教師・塾講師)もこの点をしっかり把握しておかないと、後々トラブルになりかねません。そこで、欲求に重点を置いたご家庭を「欲求派」、必要性に重点を置いたご家庭を「必要派」とおいて、ご説明します。





  上の図で欲求派のご家庭というのは、一つでも高い学校に入りたい(入れたい)いという基準で塾を選びます。学歴に敏感でアグレッシブな傾向があり、非常に協力的でもあります。



これに対して必要派のご家庭というのは、とりあえず塾に通わす必要があると感じて塾を選びます。必要派の動機は様々ですが、次のようなものがあります。

 
  • 塾に通わせないと家でダラダラしてしまう

     
  • 塾に通わせないと勉強の習慣がつかない

     
  • 塾に通わせないと劣等感を感じる

     
  • 公立中学では不安だが、高望みはしない

     
  • 中学受験・高校受験がすべてではなく、大学受験こそが大事だと考えている

     
  • 勉強は自発的にやるものだと考えている






      欲求派のご家庭(図のA1)は、塾に対して物的信頼を寄せ、受験に対して比較的長期的な見方を持っています。塾に対する物的信頼というのは、進学実績・学習システム・模試・教材・志望校別特訓などに対する信頼です。物的信頼を勝ち得るのは通常は大手塾ですらから、欲求派のご家庭は大手塾を選択する傾向があります。そして、強い目的意識に後押しされて、比較的早くから塾に通わせる傾向があります。



      これに対して必要派のご家庭は(図のB1)は、塾に対して人的信頼を寄せるとともに、受験については1〜2年の短期的なスパンを想定しています。人的信頼とは、塾長や特定の先生に対する個人的な信頼です。自分に代わってこどもを見てくれる安心できる人かどうかを基準に塾を選択しますから、中小塾や個別指導塾を選択する傾向があります。ただ、必要派のご家庭であっても、地域事情等によって大手塾を選択する場合もあります。



      次回は「欲求派の塾選び・受験対策」に進みます。



      いつも本当にありがとうございます。皆様の1クリックで今日も1日延命できます。→人気blogランキングへ


    お知り合いに勧めていただければうれしいです





      幸せ受験塾の総目次はコチラ