__みなさん、お疲れ様です。今、首都圏では試し受験の真っ最中です。合格した生徒には、表彰がてら「祝合格」の短冊を書いてあげました。



 もちろん、「第一志望校が合格するまで、絶対に喜んではいけない」と口を酸っぱくして言い聞かせているので、こどもたちも、どう喜んでいいか分からない様子。ちょっとかわいそうですけれども、余計に普段の課題に向かう眼つきに鋭さがでてきて、頼もしい限りです。



 さて今回は、来年の受験生(新6年生)の勉強について触れておきたいと思います。ポイントは、「ミス」と「不理解」です。



 模試のたびに「ミスがなかったら〇〇だったのに…」とよく言われます。すると当然、「どうしたらミスがなくなるんだろう」という悩みになるんですね。

 

 そして、これはあたかも神学論争のように考えられていて、集中力不足とか理解力不足とか、いろいろなことが言われて、あたかも解決が難しいように感じられて、結局はあいまいにされてしまいがちです。



 しかし「ミスは無意識のうちに出る」、たったこれだけが原因です。ですから、無意識のうちにできるようになるまで練習を積んでおけばいい、それが最も確かな解決法です。高校受験だって大学受験だって同じことです。



 ところが、塾漬け、特に追いまくられて問題を解くだけの勉強生活を続けていると、多くのこどもが練習不足に陥り、ミスを連発することになる。これがもったいないんですね。



 よく「模試の解きなおしが大切」と言われますが、もちろん大切です。しかしそれ以上に、日々の問題がスラスラ解けもしないなら、それは本末転倒です。



 ミスをなくすには、まず日々の勉強の精度を上げることに全力投球をする(工夫を重ねる)、これが大切です。今小学5年生なら、まだ間に合います。



 「ミス」のほかに注意することがもう一つ、「不理解」です。



 教師でも親でも、こどもに「わかった?」「わかったの?」って聞く声がよく聞かれますが、これほどムナシイ話はありません。



 こどもは常に防御本能が働きますから、聞き方が強ければ強いほど、「分かった」って言うもの。また、同じような問題ができていなければ、考え方や切り口が抽象化されていない、つまり、分かっていないんです。



 しかも、中学受験の場合は非常に特殊です。何が特殊かというと、自分が本当に分かっているかどうかは、実は小学生には分からないことが多すぎるです。



 ですから小学生の場合、教える側は、こどもが自分の口で説明できるようになるまで忍耐強く接してゆかなければならないんです。解き方を教えて、こどもが「なるほど」「分かった」と言っても、その言葉は絶対に信用してはいけないんです。



 似た問題ができないのならば、キチンと基礎から考え直しをさせる。この作業がとても大切。このことは、教科を問いません。入試で必要な力は、暗記力と思考力です。思考力というのは、物事の関係性を作り上げていく能力です。



 まだ5年生の段階であれば、まだ勉強法の改善は可能です。教えられたことの暗記だけの勉強ではなく、自分で解説を読んだり、参考書で調べたり、人に教えたりと、勉強の本来の面白さを見直すことが大切です。



 毎年のことですが、偏差値が思うように伸びないから、志望校を下げた、という話があります。今の小6の方で志望校を下げた方ならおわかりだと思いますが、志望校を下げても問題が易しくなるとは限りません。



 偏差値が低い学校でも、それなりの問題を出題します。だから、「このこどもはこのくらいでいいや」と安易に考えていると、後でいたいしっぺ返しに見舞われます。



 現在小学5年の方は、入試まであと1年となりました。一日一日が実りある、しっかりした勉強法を身につけましょう!


 コメント・トラックバックフリーです!清き一票、よろしくお願いします→人気blogランキングへ



  • 《PR》中学受験−自宅de進学塾



  • 東大合格者のノートは必ず美しい



  • 不適応能力と理科の勉強



  • 中学受験算数学習法〜塾に頼らず家庭で算数対策



  • 夏休みの利用とお母さんが教える国語



  • 中学受験の入試過去問はこちらで無料ダウンロード→過去問ネット過去問データベース



    「幸せ受験塾」の総目次はコチラ



    「指導の現場・雑記」の総目次はコチラ



    このボタンをクリックすると、あなたのMy Yahoo!に追加され最新の記事を読むことが出来ます。

  • スポンサードリンク