みなさん、お疲れ様です。今日の東京は晴れて、メチャメチャ気持ちがよいですね。こんな日は、本を捨てて外に出るのが一番です。



 さて、前回からスタートしました「優秀な子どもが中学入試で失敗する10の理由」を続けていきたいと思います。



 ≪告知≫英語教室の生徒さまへ

 たいへんご無沙汰しております。皆さまお元気でしょうか。英語学習サイトを鋭意制作中ですが、大幅に遅れが生じています。UPは6月末ごろになりますことをご了承ください。「できるだけ費用をかけずに英会話をマスターする」という方針に変わりはありませんので、どうぞご期待ください。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



■優秀な子どもが中学入試で失敗する10の理由1<もともとやる気がない(動機付けが弱い)>



お母さん、お願いだから「あなたやる気ないんでしょ」なんて言わないでよ!(中学受験・中学入試)



 中学入試をやるかやらないか、思い悩んでいる保護者は少なくありません。公立中学の評判を見聞するにつけ、できれば入試をさせたい。けれども、子どもの様子をみていると中学入試をやり切る自信もない。



 すでに子どもを塾に入れている家庭の中には、「このままうまくゆくはずもない」と思っている保護者もいるでしょう。



 子どもが親の期待に応えてくれない、答えてくれそうにないとき、子どものやる気を信用できなくなるときがあります。



 こんな寓話があります。



 スイスのレマン湖というの湖畔で、「ボーッ」と釣りをしている釣り人を見かけた男が近づいて、こう言った。「魚がこんなにたくさんいるのだから、網を使えばいっぱい取れますよ」と。



 すると釣り人は「網でたくさんの魚をとってどうするのですか?」と聞き返した。



 通りがかりの男は「魚を市場に持っていけば、いいお金になるじゃないですか」と答えた。



 すると釣り人は「お金に換えてどうするのですか?」と聞き返した。



 通りがかりの男は「お金があれば、この湖のほとりに別荘を建てることもできるじゃないですか?」と答えた。



 すると釣り人は「別荘を建ててどうするのですか?」と聞き返した。



 通りすがりの男は「別荘があれば、一日、ボーッと釣りを楽しめるじゃないですか!」と答えた(寓話おわり)。



 この釣り人のように、意欲がないようにみえるわが子を見ると、もどかしくなりますね。何でこの子はこうなんだろうかな〜です。



 しかし、この釣り人のような子どもでも、意欲はあるんです。



 マズローの有名な「欲求段階説」によれば、人は満たされない欲求があると、それを満たそうとする行動を取るという。そして、満たされない欲求には段階があり、食欲などの生理的欲求が満たされると安定した生活を望み(安全欲)、生活が安定すると次は孤独感のない環境を求め(所属と愛の欲求)、孤独感がなくなると次は自分が価値ある人間であることを確認したくなる(承認の欲求)。



 そうだとすれば、現代の豊かさの中で育った多くの子どもは「自分を価値ある存在として認めてもらいたい」という段階に位置するでしょう。つまり、多くの子どもは「良い成績をとって驚かれるようになりたい」と思っている、ということです。



 だから親は、「子どもに欲がない」と嘆く必要は全くありません。むしろ、子どもたちは心底やる気満々です。それなのに「意欲がない」とレッテルを貼ってかえってやる気をそいでいないか、親自身が自問自答してみる必要があります。



 水道の水を節約するために、頭ごなしに「ちゃんと閉めろ」と命令されれば、余計に蛇口をひねって水を出したくなるものです。



 同じように、やる気があるのに「やる気がない」とレッテルを貼られてはたまったものではありません。考え方は掛け算だから、気持ちが消極的なら、能力はまったく伸びなくなってしまいます。



 ただでさえ、中学受験は上位層の戦いですし、学校と塾とではやることの質も分量もまったく違う。それを「やる気がない」のひと言で片づけるのは酷というものです。表面だけをみて判断するなら子供でもできますが、表面だけで判断すると見誤ります。




コメント・トラックバックフリーです!清き一票、よろしくお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  • 不適応能力と理科の勉強



  • 中学受験算数学習法〜塾に頼らず家庭で算数対策



  • 夏休みの利用とお母さんが教える国語



  • 中学受験の入試過去問はこちらで無料ダウンロード→過去問ネット過去問データベース



    「幸せ受験塾」の総目次はコチラ



    「指導の現場・雑記」の総目次はコチラ



    このボタンをクリックすると、あなたのMy Yahoo!に追加され最新の記事を読むことが出来ます。
  • スポンサードリンク