みなさん、お疲れ様です。新年度に向けて、学習法のご相談が相次いでいます。私の手掛ける塾でも、新年度に向けて、体制作りが急務となっています。

そこで、これまでも述べてきました「塾の選び方・活かし方」について、実例のクライアントを引き合いに、学習の道筋の立て方について、最新の分析を提供してゆきます。

今回は、総論。まず下の図を見てください。
02031


上手に学習を進めていける人は、「自分を変える人」です。端的に言うと、目標を自分に引き寄せることができる。つまり、努力が実を結ぶ人です。

反対に、学習下手の人は、「目標を変える人」。とりあえず目標に向けて頑張るものの、その頑張りが空回りしていて、そのため、目標もコロコロ変わる、行き当たりばったりの状態が続く人です。

この2つを対比すると次の図のようになります。
02032


目標を変える人というのは、小さいときに、スポーツや芸術などを通して、自分の生活をコントロールすることなく過ごした人に多いケースです。

やる気を出せば何とかなると思って、いたずらにやることを増やす。できることをやれば、それで安心する。結果が悪いと、自分のせいでなくほかのせいにする。こんな傾向があります。

それに対して、自分を変える人というのは、目標を決めたら、自分がどのようにすればいいかを、「常に」考える。やるかやらないか、ではなく、やるしかない、と腹をくくる。自分がとった行動を「常に」振り返る。だから、失敗しても立ち上がって、再び、目標へ向かう。

この両者を念頭に、次回以降、具体例を引いていきたいと思います。次回は、次のような事例を取り上げます。

*一人っ子。
*共働きの親は、子どもに申し訳なく思い、ついガミガミ言ってしまう。
*一人で勉強してもはかどらない。
*塾に行っても、はずかしくて質問できない。
*自分だけできないと、恥ずかしいと思う。
*以前正解した問題も、今はできなくなっている。

さて、みなさんなら、どのように対処しますか?


↓中学受験のためにななる事があります↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ   人気ブログランキングへ