みなさま、お疲れさまです。今年の中学受験も一段落しました。合格された方、本当におめでとうございます。しかし、指導する側として気になるのは、不合格であった方や、希望する学校へ進学できなかった方のほうです。

合格発表で自分の番号がなく、塾へ来て泣く子、電話口で沈痛な声を振り絞る保護者の方に接すると、毎年毎年、かけることばに窮してしまいます。

ただ、中学受験に挑戦した以上は、そこから何かしらの教訓を得たり、成長した部分もあったはずですので、その点に触れたいと思います。

中学受験を志した当時、だれしも目標があったと思います。具体的でなくとも、なんとなくこの学校にはいれたらいいな、というように。

と同時に、目標の前には壁がありました。勉強が思うようにはかどらない、やる気が起こらない、などなど。

しかし、最後まで受験を断念せず、やりぬいたことは立派なことです。この点、「不合格なのに立派なのか?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、結果はともかく、チャレンジしたこと自体が立派なことだと思います。運悪く不合格になったのか、あるいは、本人は不合格を覚悟していたのか、いずれにしても自分の人生で何等かの格闘をしてきたこと自体に意味があります。このような経験をしたからこそ、将来の自分の取りうる行動の選択肢が増えます。

問題は、これからの中学校生活です。

少し話がそれるようですけれども、将来の職業について子どもたちに考えさせることは大切です。何になりたいかと子どもたちに問うと、まだわからない、という子どもが大勢です。

ここで問題なのは、「将来なりたい職業がわからない頼りなさ」ではなくて、職業とは決めればなれるものではない、ということです。そもそも職業とは、なりたいと思えればなれるわけではなく、選ばれないと手にすることができないものです。

で、どうしたら選ばれるかというと、いつも熱心にものごとに取り組んでいることが必要です。そう、どの職業にしても、専門的知識を持っているだけではだめで、一生懸命に行動している人が選ばれるんです。

学生生活や受験生活で意味あることは、将来の専門的知識を獲得するための基礎的な技能を身に着けることが一つ、そしてもう一つは、手を抜かないで自分を鼓舞していくことを学ぶことです。

新たな学校生活の舞台でも、「全力を尽くす」「手を抜かない」ということが奨励されるべきです。子ども自身の人生に代打はあり得ませんから。

受験生のみなさん、保護者の方々、本当にお疲れ様でした。これからは心機一転、心を新たにして頑張っていきましょう!

※成績が伸び悩んでいる人は、ココで、その原因を解説しています。


↓中学受験のためにななる事があります↓

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ