みなさま、お疲れさまです。昨日、テレビを見ていたら、面白い実験の紹介がありました。

どんな話かといいますと、「小学生に計算問題をさせるとき、カウントダウンしながらやらせる場合と、マイペースでできるまでやらせる場合とを比べると、前者の方が正答率が高い。」のだそうです。

これはなぜかというと、追いつめられる気持ちは快感情(楽しい、嬉しい)とリンクしているからだそうです。追いかけられるとドキドキして楽しいのと同じなのでしょうか。

つまり、追い込まれると快感に感じて、パフォーマンスが上がる、というわけです。

ここで想起されるのは、集団塾と個別塾です。集団塾はやたらと競わせる、そして、競争させるのがうまい先生の授業はけっこう盛り上がるんですね。

これに対して、個別塾は黙々と勉強している感じでしょうか。しかしながら、個別塾でも、追い込むのが上手な先生の場合には、生徒はかなり本気で取り組んでいると思います。

いずれにしても、「追い込まれると快感に感じて、パフォーマンスが上がる」になるためには、)楜い鮟个擦个任ること、負けてもダメでも再度チャンスがあること、などなど、注意も必要ですね。


※算数の成績が伸び悩んでいる人は、ココで、その原因を解説しています。


↓中学受験のためにななる事があります↓

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ