みなさん、お疲れさまです。今年から、クイックラーニングをご覧いただいている方の中から、私の生徒さんを募集しています。気になる方はお読みくださいね。



対象となる方


 中学受験を控えた小4生〜小6生。塾に通われている方で、未消化なまま、カリキュラムがどんどん進んでしまい、成績が上がらないときは、根本的に勉強法を改善します。
 科目は、算数・国語・社会・理科の中から1科目以上を、効率よく指導します。
 通塾時間のムダを省くため、ご自宅にお伺いして指導しますので、保護者の方に授業を見ていただけます。お子さんの成長を実感していただけます。
 指導可能地区は、各線新宿駅から1時間以内を目安にしております。
 指導にあたって重要なことを下の動画で解説しています。
 エリート養成講座バナー





算数の勉強法


 算数の指導では、次のテキストの中から、必要に応じたものを用います。
 (1) 計算 中学入試 でる順過去問 計算 合格への920問  四訂版 (中学入試でる順)
 (2) 文章題・図形 算数ベストチェック (日能研ブックス)

 (1)と(2)は最低限理解する内容です。4年生・5年生・6年生と、どんどん教材を増やすのではなく、(1)と(2)の内容を繰り返して学習して、基本を徹底するとともに、早く解けるようにすることが王道です。

 (3) クイックラーニングでアップロードした問題をまとめたテキスト「中学受験青本(算数)
 
 (3)は、解法の整理や難しい問題へのチャレンジのために使用します。各問題にQRコードがついていますので、解法を忘れても、動画ですぐに確認することができます。


国語の勉強法


 国語の成績が安定しない、あるいは上がらないという場合には、3つの問題があります。
 1つ目は、語彙力が足りない、という致命的な問題です。この問題に対しては、地道に努力する必要があります。
 この問題を解決する必要があるときは、「中学入試用 国語力がアップすることば1200」という問題集を使います。これは、実践的な問題集で、語彙の意味を考えながら解く仕様になっています。
 これを終了したら、「サーパス国語 知識編」という問題集で、過去の入試問題に出題された国語の知識を固めます。この問題集は塾専用教材ですので、私が入手します。

 2つ目は、文章の構造が分からない、という問題です。文章の要点をとらえながら読んでいないので、とんちんかんな答えを書いてしまう、ということになりがちです。
 この問題を解決する必要があるときは、「中学入試を制する国語の「読みテク」トレーニング 説明文・論説文」という問題集を使います。この本の内容は、「要約」です。要約をすることによって、文章の内容に意識を向けると同時に、自分の言葉を交えて文章を書く練習になります。

 3つ目は、基本的な論点を知らない、という問題です。文章というのは、ある背景に沿って語られていて、ある種のおとしどころがあります。そのため、さまざまなジャンルの過去問を解くことで、さまざまな論点を頭に入れる必要があります。この問題を解決するためには、「サーパス国語 読解編」という問題集を使います。


理科の学習法


 理科は、4教科の中で、一番早く習得できる科目です。要領の良い暗記法と、原理原則から考える思考力という2つの側面から、効率よく学習しましょう。
 教材は、次の2冊です。
 (1) 理科メモリーチェック (日能研ブックス)
 (2) クイックラーニングでアップロードした問題をまとめたテキスト「中学受験赤本(理科)


社会の学習法


 社会は、覚える知識量が多いため、好きか嫌いかがはっきり分かれる教科です。社会が苦手な人は、最低限の知識量を確実に覚えることが必要です。
 そのために、社会では次の教材を使います。
 (1) 中学入試 くらべてわかるできる子図鑑 社会 改訂版
 (2) 中学入試 自分でつくれるできる子ノート 社会 改訂版

 (1)は200ページながら、地理・歴史・公民がすべて学習できます。これで理解した後に、(2)で練習です。(2)はマーカーで色分けしたりして「作業」がともなうので、楽しく取り組むことができます。

 ただ、(1)と(2)だけでは、分量が不足していることは否めません。また、時事問題にも対応していません。そこで、最新の入試問題を解くことになります。そのための本は、「2019年度受験用 中学入学試験問題集 社会編 (中学入学試験問題集シリーズ)」です。いわゆる「銀本」ですね。


指導中の小6生(女子)の例


 1回の指導がどのような流れか、一例を挙げてみましょう。13:00から指導開始で、2時間の授業です。

 12:30〜13:00 先生が到着するまでに、国語長文を解いておく。
 12:55      先生到着
 13:00〜13:30 国語長文の添削と解説
 13:30〜14:15 算数演習
 14:15〜14:30 社会の宿題の確認と次の単元の解説
 14:30〜15:00 理科の宿題の確認と次の単元の解説、国語の語彙の宿題の確認

 小6生の4教科指導の場合はこのような流れになります。2時間先生がつきっきりでキツイ授業のようにみえますが、こどもは「あっと言う間に終わった」と言ってくれます。算数と理科は、クイックラーニングの動画で自分で学習できる部分が多いので、効率的に学習できます。


指導料金・申込方法


 指導料金は、1時間6,500円です(交通費別途)。
 家庭教師センターを通して中学受験プロ家庭教師を雇うと、入会金21,000円+1時間6,000〜9,900円程度になります。(参考)一橋セイシン会

 まずは、無料でご相談に伺いますので、下記のメールフォームから体験授業をお申し込みください。
 5月中に受講を開始された方は、クイックラーニングのテキスト(算数・理科合計3冊)を無料でプレゼントしますね。




↓中学受験のためにななる事があります↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ   人気ブログランキングへ