みなさん、お疲れさまです。
販売している算数テキストには収録していなかった「暦算(日暦算)」の最速の解法をご紹介します。

問題は、レベル1〜レベル4まであり、徐々に難しくなります。
実際に解いていきましょう!(問題の最後に解説動画へのリンクがあります)

【レベル1】ある年の5月8日は日曜日です。これについて次の閧いに答えなさい。
  ,海稜の5月27日は何曜日ですか。
 ◆,海稜の9月13日は何曜日ですか。

【レベル2】ある年の10月20日は金曜日です。これについて次の問いに答えなさい。
  ,海稜の12月31日は何曜日ですか。
 ◆,海稜の6月20日は何曜日ですか。

【レベル3】次の問いに答えなさい。
  \称2009年の1月1日は木曜日です。2010年の1月1日は何曜日ですか。
 ◆\称2013年の3月5日は火曜日です。2015年の5月1日は何曜日ですか。
  西暦2010年の6月19日は土曜日です。2012年の6月25日は何曜日ですか。

【レベル4】
 2010年1月1日は金曜日でした。2010年の次に1月1日が金曜日になるのは西暦何年ですか。


さてさて、ここから答え合わせですぞ〜
周期算でない私の方法でやると、ミスが減りますよ。




全問題参照・テキスト見本・Webスクール案内はこちら


↓中学受験のためにななる事があります↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ   人気ブログランキングへ