みなさん、お疲れさまです。2019年9月から、中学受験の算数専門塾を始めています。現在、小5生が4名、小1が1名、小4が1名です。始めてから2か月弱ですが、効果が出てきました。

 その1例は、小5の男の子です。活発で落ち着きがありませんが、頭の回転が速い子です。その子の塾(早稲田アカデミー)の9月22日の算数の成績はあまりよくありませんでした。これが、私の塾にはいりたてのときの成績です。
 9月

 偏差値が41.6ですね。小5の夏休み以降は、食塩水とか比とかが出てきて、理解しないまま先に引きずられるようにして塾通いを続けると、このような成績になります。苦しんでいるのは、この子だけではありません。

 しかし、ちょっと指導を工夫すると、次のような結果になります。10月6日の公開組分けテストです。
 10月

 偏差値が、前回よりも約10ポイント上がっています。正答率も、前回の36%から、今回は56%に上昇しています。これには、カラクリがあります。

 私は、大小の集団・個別塾をたくさん研究してきましたが、成績が上がらない原因は明らかです。それは、「理解不足と練習不足」です。

 できない子をできるようにする方法、すなわち「理解と練習」を確実にするためのシステムは次のようなものです。まずは、下のリンクからプリントをダウンロードしてください。
プリントダウンロード

 プリントの内容は、「授業編」と「進級テスト」の2部構成です。授業では、「授業編」のプリントを、それを全解説した動画で学習してもらいます。全部で99段階あります。

 授業編のプリントに解法をまとめて、さらにそれを自力で解いてもらい、質問があれば指導します。
 ここで自信がついたら、「進級テスト」を受けます。問題レベルは、A(前回の復習)、Bレベル(偏差値50レベル)、Cレベル(偏差値55レベル)、Dレベル(偏差値60レベル)、Eレベル(偏差値65レベル)があり、正答できたレベルを認定します。

 大事なことは、授業プリントの内容は徹底して教えますが、進級テストの問題は絶対に解説しないことです。進級テストが解けない生徒は、そもそも理解不足なんです。だから、進級テストが合格しないのなら、授業プリントにかえって、本質的に理解をしないとなりません。
 このようにすると、進級テストに合格したい生徒は、必死に理解しようとするようになります。他人との競争は偽りの必死さですが、自分との競争は本当の必死さです。

 もっと大事なことは、Eまでのレベルのどこまで到達するかは、本人に任せることです。中学受験は大学受験と同じく、どこまで難しいことをやるかは、本人が決めなければなりません。そのためには、自分はどこまでのレベルに到達しているかを知る必要があります。それを知っていれば、チャンスがあればもっと難しい問題に挑戦するようになります。

 もう一人、小5の女子は、塾(サピックス)での「算数デイリーチェック(511−17)」が、150点中60点でした。私の塾に入りたての頃で、すでに勉強が嫌になっていました(私の塾に入る前はT〇〇〇Sという有名な個別指導塾にも通っていました)。しかし最近になって、「511−26」では125点取れるようになっています。

 成績低迷で苦しんでいる子どもはたくさんいます。その子どもたちは、親に申しわけなく思っていて、今の勉強方法では苦しいのに、それを言い出せずにいます。周囲の大人は、まずそこを理解してあげる必要があります。そして、子どもたちが、自分の能力に挑戦し始めたとき、親は初めて、心の底から子どもを応援できるようになります。

 解説動画のサンプルは下記からご覧いただけます。集団指導でも個別指導でもできない効率的な説明の工夫がなされています。プリントも動画もすべてオリジナルです(大手塾での御三家指導の実績をすべて投入しています)。

 

 勉強法で悩まれている方のお力になりたいと思っています。教場は、JR山手線高田馬場駅から徒歩2〜3分です。ご相談は下記のフォームからご連絡ください。

 理科は私のYouTubeチャンネルでどうぞ。




↓中学受験のためにななる事があります↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ   人気ブログランキングへ